トップページ > 車売却・高く売るコツ >  少しでも高く売るコツ

少しでも高く売るコツ

少しでも車を高く売却するコツ

まずは車の一括無料査定を利用して、あなたの愛車を何社かに査定をしてもらう。そして、車の売却先が決まったら、以下の点に注意していきましょう。

1.走行距離をなるべく抑える

走行距離は少なければ少ないほどいいのですが、特に査定額の差が出やすいのが3万km、次に5万kmと言われています。これを過ぎると過ぎないでは査定額が変わってくるので、車の売ることが決まったらその近辺の走行距離の場合はあまり走らないようにした方がいいですね。

2.日々の点検整備を怠らないようにしよう

いくら自分の車とは言え、全く何にもしないで放っておくと査定額は下がります。

中古車の査定士が、査定の材料として定期点検記録簿があります。これがきちんと書いてあったり、ディーラーでずっと受けていたりすると、思いのほか高査定につながるケースもあるようです。エンジンオイルやフィルターの交換も記録を残しておくといいでしょう。日々の洗車も大切ですよ。

3.車内のにおいは減点

現車を査定してもらう時は、掃除してみてもらうと思いますが、掃除して落ちるような汚れは減点対象になりませんが、車内のにおいは悪臭がする場合、減点対象となります。

以前、ファブリーズのCMで車内の変なにおいを取るCMをやっていましたが、それでにおいがなくなるのならやっておきましょう。

4.キズやへこみは慌てて直さないこと。

キズやへこみは確かに査定の減点対象となりますが、かえって査定前に自分で修理してしまった場合よけいにお金がかかってしまう場合もあります。

洗車キズや、小さなキズ、へこみなどは大きな減点対象とならないのでそのまま査定してもらいましょう。

ただし、大きなへこみや塗装がはがれてさびがでている場合などは大きな減点対象となることは覚悟しておきましょう。

目次